テーブルコーディネート、紅茶教室、マナー教室をお探しなら、横浜のサロン・ド・ボヌール

Flash

テーブルコーディネートとは

テーブルコーディネートは、正式なテーブルセッティングのルールをもとに
食卓上を季節、行事、食事などの目的にあわせ、テーマやカラーなどを決め
豊かな発想で自分らしい食卓を演出していく表現方法です。
テーブルコーディネートという言葉は日本のみで通用する用語です。

フランス ルイ王朝時代にポンパドール夫人やマリーアントワネットにより花開き、食卓のセッティングやマナーなどの食卓芸術が完成されていきました。
今のようにナイフ、フォーク、スプーンなどのカトラリーをプレートの両側に置き、グラス類は最初からテーブルにセットされたフランス式サービスは、ナポレオン時代にロシア式サービスからの移行によるものです。

イギリスでは産業革命後、ブルジョワジー(市民階級)でも、銀器や陶磁器を使用し食卓を飾った食事会が行われるようになりました。
現在でもフランス式、イギリス式のセッティングが存在します。

ルイ王朝時代


テーブルコーディネート

テーブルコーディネートをすることにより、華やかなパーティだけではなく、家庭でのお祝い事や親しい仲間の集まり、おもてなしの食卓など、いつもとは違うゆったりとした豊かな時間がもてることでしょう。


サロン・ド・ボヌールでは、テーブルセッティングの基本(ルール)をはじめ、テーブルのスタイル(エレガントやカジュアルといったスタイル)や、季節や行事や歳時記に合わせた演出方法などのアイディアや、テーブルに飾るフラワーアレンジメントもお伝えしています。
五感(味覚 嗅覚 聴覚 視覚 触覚)の中で美味しさをより感じるのは視覚だと言われています。
テーブルコーディネートを学ぶことで食事をより美味しく、生活を豊かに楽しいものにしていくため、実生活に役立つお手伝いをいたします。